Voice

モテる女の共通点を発表!追われる女になろう【自立のススメ】

10程度の音声録音でお伝えしています。

移動中などに手軽に聴けるのでオススメです。音声を聴きながら文字起こしも同時に読んでみてください。


追われる女になるコツは人に期待をしないこと

追われる女になるコツは、人に期待をしないことです。

多くの女性がやりがちなのが、男性に執着してしまうことです。執着されると男性は一瞬で萎えます。捨てましょう。

よくある恋愛コラムやハウツーでは、「追われる女になれるためにはラインはすぐに返すな」といった駆け引きを促すものです。

スキルは短期的には通用するかもしれませんが、長くは続きません。追われる女になるための本質を解説していきますね。

繰り返しになりますが、追われる女になるためにもっとも必要なことは、他人に期待をしないことです。

相手に過度な期待を持つことで、執着する心が生まれ、執着すると相手が逃げます。

そもそも、男女ではDNAに刻まれた本能に違いがあります。

例えば、猫であれば家で飼われていても狩の習性は残っており、スズメを見たら反応してしまうなどの、本能的な行動などです。「性」というやつですね。

人間にもありまして、この遺伝子に刻まれた本能の違いを理解することが、「追われる女になる」コツです。

それでは男女の遺伝子の違いについて見ていきましょう。

男性の遺伝子本能

  1. 獲物を追いかけるハンティング本能
  2. 365日射精が出来る

一つずつ解説していきますね。

獲物を追いかけるハンティング本能

男性は食べ物をとってきて家族に食べさせるという役割があります。稼ぐ力が高く、「男は仕事」なんて言われるのはこのためでしょう。

ハンティング力が高いと、より良い獲物をたくさんハントしようとします。これは正常な男性の本能です。

女体化していたり、草食で控えめな男子が増えたことは、この本能が正常に働いていないということ。男は獲物を追ってなんぼです。

「獲物をとる力が高い=生存本能が高い」ので、男性としての魅力、役割ともに果たしています。

「ヒモになりたい」なんてのは生きてる価値を放棄していますので、そのような思考の人はかなり問題ですね。

365日射精が出来る

男性は健康で元気で若ければ、365日毎日射精が可能です。つまり、毎日子作りができる訳です。

一夫多妻制や側室制度を見ると、男性がたくさんの女性を囲っていますよね。これは子孫繁栄として正しい形だったのでしょう。

一妻一夫制度になってからは後継者問題、跡取りなどに支障が出ているように思います。天皇家ももはや純血ではにですしね。

感情を抜いて子孫繁栄という本能から見ると、男性が多くの女性と子どもをもち、養うことは必要なことと思います。

女性の遺伝子本能

  1. 受け身で守る本能
  2. 妊娠出産は一年に一度しかできない

一つずつ解説していきますね。

受け身で守る本能

女性は基本的に受け身の本能があります。なぜなら子どもを産み、育てるという役割があるからです。そして、女性は愛される存在です。

男性が外で狩に行くのと対照的ですね。子孫繁栄を安全に行うための役割です。女性も男性のように外に借りに行く性質だと成立しませんよね。

男性は攻め、女性は守りです。女性器と男性器が凹凸なのも納得です。

もちろん、男性脳(左脳)が優位で家庭に収まることが苦手な女性もいます。(私ですw)その場合は、女性脳が優位な男性とバランスを保つとか、狩(仕事)に徹して生きるのも一つの道です。

妊娠出産は一年に一度しかできない

妊娠は月に一回のチャンスで、出産は年に一度しかできません。男性のように、一度にたくさんの子孫を残すことは不可能です。

また、女性は月に一回卵子が一つしか作られません。卵子が作られなくなれば妊娠もできなくなり、子孫繁栄にはリミットがあります。

一方で男子は毎日射精できるだけでなく、一度に数億個の精子を放出することが可能です。また、70才とかでも妊娠させられる能力があり、女性よりも子孫繁栄力が長めです。

男性の浮気は本能、女性の浮気は理性

男性の浮気は本能

遺伝子、本能から見ると男性の浮気は性です。

反対を言えば、浮気をしない、浮気ができない男性というのは、それだけ種族保存本能が乏しいということです。

365日射精が可能であり、次々により良い遺伝子を残そうとハンティング精神が働くのは正常です。

また、仕事で出世する優秀な男性は、家庭を持ちながらも複数の女性と交際している確率が高いです。

性欲=種族保存本能=生命力=狩力」全て繋がっています。

こうした背景から男性の浮気パターンについて解説していきますね。

男性が浮気するパターンは、願望を手に入れたときです。

よくあるのが、好きな女性との交際がかなった途端に他の女と浮気するパターン。

あれは一つの目標達成をしたことで満たされ、安心感を得たことで、一時的に他の女に「浮かれる」んですね。これが「浮気」です。

なので、本気で好きかどうかは関係ありません。「一瞬の気の迷い」です。

性なので仕方ないことかもしれませんが、せっかく人間なのだから「理性」を働かせてほしいものですね笑

女性の浮気は理性

女性が浮気をしたら末期といいますが、わりと事実です。なぜなら女性の浮気は理性で、本気だからです。

男性とはやはり対照的ですね。

女性の浮気の理由です。

  • 寂しい、かまってほしい
  • さびしさに気づいて欲しい

さびしさの裏側にある訴えは、「私をもっと気にして」です。

最初は、大切にされている実感を感じなくなると「私を見てほしいから」と言った理由で浮気をします。

男性がそのさびしさに気づいてあげられないと、自分をもっと大切に扱ってくれる男性の元へ行ってしまいます。

男性が女性の浮気に気づく場合、すでに時遅しの状態が多く、男性からすると晴天の霹靂です。

女性は受け身で守りの性であるため、大切にして安心感を与えてくれる男性を求めるのです。

追われる女になるコツは狩猟本能を掻き立てる

「みんなのあなたになる」これが究極のコツです。

私は人モテをするので、男女限らず周りに人が集まります。これがポイントで、みんなのあなただからこそ、男性はあなたを追いかけます。

男性が狩猟本能を掻き立される心理です。

  • 自分だけのモノにしたいという独占欲
  • 人気者なら余計に独占して優越感に浸りたい
  • 手に入れるのが難しいほど狩欲が騒ぐ

みんなに人気で、みんなのあなただと、好意を抱いてくれる男性からすると気に食わないのです。そこで、自分のモノにしたいという心理が働きます。

思わせぶりはしすぎると相手をストーカーなどにしてしまいますが、程よく駆け引きをすると効果的です。

女性は恋愛においては「すぐに」結果を出したがりまが、これは禁物です。

男性を育成し待つ気持ちで関わると、追われる女になります。また男性はグレーな関係を好むところもあるので、そこを理解しつつ狩猟心理をくすぶりましょう。

自立した女はモテる

自立した女はモテます。

男性に依存する女性が多数派のなか、自分の力で生きていこうとする女性は男性の目に新鮮かつ、輝かしく見えます。

特に、

  1. お金
  2. ステータス
  3. 地位

これらに揺るがない女性は他とは違うと思わせ、一際目立った存在になります。

男性は女性に一生承認されて生きていくモノです。

女性からの承認がないと死んじゃうかもしれません。それくらいに男は、女性がいないとダメなのです。

男を立てて褒めて「あなたがいなきゃダメなの」を演じることも大事です。しかし、過度な「あなたがいなきゃだめなのよ」は、ぶっちゃけ重いです。

「あなたがいなくても私は生きていけるのよ」ぐらいの、ちょっと「あなたに興味ないわよ」のさじ加減も大事です。

「あなたがいなくても大丈夫よ」が強すぎると、今度は「俺がいなくてもお前は生きていけるよな」と、振られてしまったり、モテなかったりします。

程よく頼り、程よくシカトしてみたいにしていると、追われる女になります。

やり方を間違えるとビッチみたいになってしまうので要注意です。

男が優位に立っていたいと言う願望に合わせる必要はない

女性が自立することによるデメリットは、男性とのパワーバランスが取りづらいということです。

なぜなら、世の中の8割くらいが

  • 自己肯定感が低い
  • 女性に自立されると男性のプライドがえぐられて心が持たない

と言った状態だからです。

多くの男性は女性を自分の手駒にしたい、自分のことだけを頼って欲しいみたいに依存してくれるメンヘラ女子を好む傾向にあります。

しかし、裏を返したら自分の手駒にしたいって思っているような男にモテて嬉しいのかということです。

女性を自分よりも下に見ることで、優越感や自尊心を満たしているよう男性はこちらから願い下げです。

お互いが自立した関係を築けることが重要です。

本当にいい男というのは、あなたより優位に立っていたいというより、あなたをより成長させてくれる方向に導いてくれる人です。

あげまん塾

無料メルマガ:プロビッチのあげまん習得術を7日間で教えます